終了しました
WORKSHOPFOR SOCIAL
2016年7月30日(土) 14:00〜16:30(予定)
集合:13:30 みなとみらい線馬車道駅 1b出口方面改札出たところ
参加費:1500円(材料費含む・事前申し込み制)
転写プリントのハンカチをお持ち帰りいただきます
YCC ヨコハマ創造都市センター 3階イベントスペース
横浜市中区本町6-50-1MAPACCESS
お問合せ電話番号 045-307-5305
お問合せメール m@yokohamacc.org
  • 見ないで遊ぶワークショップ in YCC 第4弾 絵を描く編
.
日程・時間
2016年7月30日(土) 14:00〜16:30(予定)
.
集合:13:30 みなとみらい線馬車道駅 1b出口方面改札出たところ
参加費:1500円(材料費含む・事前申し込み制)
転写プリントのハンカチをお持ち帰りいただきます
住所
YCC ヨコハマ創造都市センター 3階イベントスペース
横浜市中区本町6-50-1MAPACCESS
主催・問合せ
YCC ヨコハマ創造都市センター
お問合せ 電話番号
045-307-5305
お問合せ FAX
お問合せ メール
m@yokohamacc.org
ウェブサイト
ブログ
「見ないで遊ぶワークショップ」は目が見えてる人も見えてない人もみんな一緒に目隠しをして様々なことに挑戦するシリーズワークショップ。
今回のテーマは「見ないで絵を描いてみよう」です。
このワークショップシリーズ開始当初からしたくてなかなか実現しなかった企画。
満を持しての開催の運びとなりました!先生は、イラストレーターの高橋キンタローさん。
どんなことでもほどよくゆるく真摯に垣根なく楽しむ姿勢がステキな方です。

目隠しして絵を描くってどういうこと?
このワークショップは、答えを出すものはありません。
「絵」は視覚を使わないと描けないものでしょうか?
楽しめないものでしょうか?

1)点で描く

2)線で描く

3)思い描く風景や物、花などを描く

4)描いたものを共有する

こんな流れで考えています。
気軽に遊びにきてください!

【高橋キンタローさんからのコメント】

見ないで描くということは上手に描きたいという意識があまり役に立ちません。

それは子供が初めて経験する音や手触り(触覚)の記憶のようなものかもしれません。

ファッションという言葉は「作ること」「なすこと」を意味するラテン語から来ているそうですが、

手さぐりで描く素朴な表現はファッションにも共通しないかな。

一緒に創造の種を体験してみましょう、ちょっといたずらっぽく。

【概要】
日時:2016年7月30日(土)14時00分(2.5時間くらいを予定)

集合:13時30分 みなとみらい線馬車道駅 1b出口方面改札出たところ。
改札は1か所です。
※参加者に視覚障害のお客様がいらっしゃるため、一旦駅で集合します。
晴眼の参加者にはなるべく誘導のお手伝いをお願いしています。初心者でも大丈夫です。

会場:YCC ヨコハマ創造都市センター

住所:横浜市中区本町6-50-1
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」1b出口【野毛・桜木町口(アイランドタワー連絡口)直結】
JR・市営地下鉄線「桜木町駅」徒歩5分、「関内駅」徒歩7分

参加費:1500円(材料費含む・事前申し込み制)
転写プリントのハンカチをお持ち帰りいただきます

★申込み方法★ 以下を記載してm@yokohamacc.orgまで
・お名前
・参加人数(最大3名1組)
・視覚障害の有無(複数参加の方は障害の有無についての内訳も教えてください)
・メールアドレス
・電話
・誘導希望する/しない
※7月27日(水)締切

※目が見える方(晴眼者)へ
誘導サポートのお願い。当日スタッフと共に、馬車道駅から会場まで誘導のお手伝いができる方は「誘導OK」と書いてください。
経験がなくても問題ありません。現地でお教えします。

問い合わせ先:m@yokohamacc.org
お申込み後、申込み受理メールが届かない場合はお手数ですが、問い合わせ先電話番号にご連絡ください。
携帯からお申込みになられて、メールの受信拒否設定を使われている方は上記メールアドレスを受信可能に設定ください。

以下、注意事項を必ずお読みください。
※定員に限りがあるため、未就学児の入場は不可とさせていただきます。
※イベント中、アイマスクをつけて遊びます。安全には最大の配慮をしますが皆さんもご協力お願いします。
※真っ暗が苦手という方はご遠慮ください。
※当日、アイメイトや盲導犬も来場予定です。(動物アレルギーなどある方、ご相談ください。)

主催・会場:YCC ヨコハマ創造都市センター
企画:虹とねいろプロジェクト
高橋キンタロー
イラストレーター。各種イラストレーションの他、P-kies等のアニメーション。
80~90年代にはHIT STUDIO名義でカルチャー誌やファッション誌のADも担当。イベントや展示のキューレーションも続けています。個展、企画展多数。 各種海外コンサート企画にも関わっています。自身もアート系ノイズバンドOBANDOSのメンバーにて各種イベントに出演。
強い日射しだけの記憶が思い出を左右する事があるように、多くの情報に頼らないで、蓄積された記憶やひらめきを呼び起こすような表現をめざします。
松田高加子/虹とねいろプロジェクト
映像のバリアフリー制作として、視覚障害の人が映画を楽しむときの補助ツールである音声ガイドの制作に携わってています。視覚を使わない世界に興味を引かれ、「見ないで遊ぶワークショップ」シリーズを企画。また、映画にまつわるトークイベントや小さな映画の配給協力など映画の持つ<人と人を繋げる力>にあやかって、日々活動しています。
EVENT・ANNOUNCEMENT
Facebookが表示されない場合、閲覧制限が設定されている可能性があります。表示するには、ブラウザからFacebookにログインしてください。Facebook
google+
YCC INFORMATION
YCC Gallery 内海聖史 「遠くの絵画」
2017年2月20日(月)〜4月2日(日)
※施設利用状況に応じて休廊となる場合がございます。日程はYCC Gallery 特設サイトをご確認ください。 ..
今井俊介壁画作品 展示終了のお知らせ
展示終了予定:2017年4月上旬
2015年6月のYCCオープン当初よりエントランスに展示している、アーティスト今井俊介による大型壁画作品は4月上旬で展示を終了することとなりました。外..
YCC Temporary 大巻伸嗣
2017年4月14日(金)〜6月4日(日) 11:00〜18:00(最終入場17:30 ) ※金土祝19:30まで(最終入場19:00)
YCC ヨコハマ創造都市センターでは、新たに実施するアートプログラム「YCC Temporary」の第一弾として、日本国内だけでなく、海外でも活躍する..
YCC Temporary
YCC ヨコハマ創造都市センターでは、2017年4月14日(金)よりアートプログラム・シリーズ「YCC Temporary」を新たに開始いたします。「一時的」「間に合わせの」という意味を有す..
YCC Gallery
「YCC Gallery」は、YCC ヨコハマ創造都市センターが新たに開始する小規模な美術展覧会シリーズです。この展覧会シリーズでは、1~2ヶ月ごとに、毎回ひとりのアーティストをピックアップ..
YCC×BRIDDI 360°パノラマ写真 体験プロジェクト
YCC ヨコハマ創造都市センターと、YCCの2階に位置するコワーキングスペース キャンバスの会員である「株式会社ブリッヂ」は、コラボレーション・プロジ..
カフェ オムニバス
11:00~20:00 (ラストオーダー19:30)
歴史ある空間に広がる、楽しげなマルシェをイメージしたカフェ。5組のクリエイターがデザインしたユニークなフードカートを配し、世界各国のサンドウィッチを中..
コワーキングスペース キャンバス
平日 9:00-22:00 土日・祝 10:00-2..
コワーキングスペース キャンバスは、YCC ヨコハマ創造都市センターの2階に位置する会員制のコワーキングスペース(シェアオフィス)です。クリエイターや..
ファブラボ・ベータ・馬車道
毎週木曜日 11:00-16:00
ファブラボ・ベータ・馬車道は、業務用刺繍ミシン、昇華プリンター、3Dプリンター、レーザーカッターといったデジタルファブリーケーション機械を使い、あなた..
レンタルスペース
YCC ヨコハマ創造都市センターは、1929年に建設された歴史的建造物「旧第一銀行横浜支店(一部復元)」を用いたクリエイティブ活動の拠点であり、横浜市が推進する「創造都市」政策の拠点施設でも..
キャンバス プロジェクトルーム会員 新規募集中
ご好評により満席となっていた「コワーキングスペース キャンバス」のプロジェクトルームのRoomBに空きがでましたので、新たに会員の募集を開始致します。..