終了しました
LECTURE
  • 1/25(月) WORK作戦会議室2015 vol.2 「地域からイノベーションを起こす仕組みづくり」開催
YCC主催イベントとして開始したビジネスとクリエイティブの関係性について考える「WORK作戦会議室」。その第二弾として、株式会社リ・パブリック共同代表の田村大さんに登壇いただき、イノベーションが自律的に起きる環境や組織のデザインについてお話いただきます。
既存組織の中で新しい発想がうまれ定着するために、解決しなければいけない課題とは。多様な人に広く開いた場で新しいビジネスや活動を起こしていくイノベーション手法とは何か?
東京大学i.school共同創設者でもあり、福岡を世界に冠たるイノベーション都市に育て上げる取り組み「イノベーションスタジオ福岡」のディレクターとして活躍される田村氏との対話の中から、仕事やクリエイションの新しい作戦を一緒に考えてみませんか。
お時間のある方はお酒を飲みながらの懇親会も予定しております。

WORK作戦会議室2015 vol.2
「地域からイノベーションを起こす仕組みづくり」
日時:2016年1月25日(月)18:00-19:30(開場17:30)
会場:3Fイベントスペース
主催:YCC ヨコハマ創造都市センター
参加費:無料
定員:40名
登壇者:田村大(株式会社リ・パブリック共同代表)
モデレーター:広瀬郁(プロジェクトデザイナー)

※トークイベント後に、懇親会を予定しています。(会場:1F Café OMNIBUS)
田村 大/Hiroshi Tamura
株式会社リ・パブリック共同代表。東京大学i.school共同創設者エグゼクティブ・フェロー。2005年、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。博報堂イノベーションラボにてグローバル・デザインリサーチのプロジェクト等を開拓・推進した後、独立。人類学的視点から新たなビジネス機会を導く「ビジネス・エスノグラフィ」のパイオニアとして知られ、現在は、地域や組織が自律的にイノベーションを起こすための環境及びプロセス設計の研究・実践に軸足を置く。共著に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(早川書房)など。京都大学、九州大学、お茶の水女子大学、福岡女子大学、神戸情報大学院などで非常勤講師。内閣府、経済産業省、科学技術振興機構等でイノベーション推進・人材育成に関する研究会委員を歴任。
広瀬 郁/Iku HIrose
株式会社トーンアンドマター代表。NPOYCC 代表理事。
東北大学大学院非常勤講師。NPOピープルデザイン研究所 理事。
一般社団法人 デジタルファブリケーション協会 理事。
建築学を専攻後、外資系経営コンサルティングファーム、不動産企画開発会社に勤務。
ホテル「CLASKA」では総合プロデュースを担当。
クリエイティブとビジネスのブリッジングを得意とし、施設に限らず事業・商品・コンテンツなど様々なプロジェクト自体をデザインするプロデューサー。受賞歴に「Wallpaper Design Award」「Asia Design Award」「JCD Design Award」など。著書に『建築プロデュース学入門』『まちづくり:デッドライン』がある。
イベント・告知
YCC ヨコハマ創造都市センター
Copyright © 2015-2017 YCC All Rights Reserved.
Close
SNS
Instagram