終了しました
EVENT
  • 日本初のスイス人時計師 フランソワ・ペルゴ展開催
  • 日本初のスイス人時計師 フランソワ・ペルゴ展開催
2015年12月19日(土)〜24日(木)
11:00-19:00 (最終日は17時閉場)
主催・問合せ
ソーウインド ジャパン株式会社
FAX
メール
アクセス
営業時間
定休日
日本初のスイス人時計師フランソワ・ペルゴの展覧会が12月19日(土)から24日(木)まで1Fギャラリーにて開催されます。

開国が推し進められた19世紀後半、日本には様々な西洋文明が流入し、近代化の時代に突入しました。そして、近代化を果たすためには、西洋の列強各国が取り入れていた暦『グレゴリオ暦』の導入が必須でした。そのキーとなる暦に、西洋の時計の存在は切っても切り離せません。

スイス時計の帝都と呼ばれる山間の街ラ・ショー=ド=フォンに拠点を置き、1791年までその起源を遡ることのできる高級時計ブランド『ジラール・ペルゴ』社は、日本がスイスと国交を結ぶよりも前に日本市場の可能性を見出し、創業一族のひとりを日本へ送り出しました。こうして、開港間もない横浜の地に1860年に降り立ったスイス人時計師、フランソワ・ペルゴの日本での挑戦が始まりました。

彼が母国スイスから携え日本で販売したジラール・ペルゴ製の懐中時計や、日本で入手しスイスへ送った民芸品や生活用品など、『ジラール・ペルゴ』社やスイス ラ・ショー=ド=フォンの『国際時計博物館』、『ヌーシャテル民族博物館』が所蔵する歴史的な資料を展示し、時計を通して幕末から明治の躍動の時代を振り返ります。

フランソワ・ペルゴ展
日本初のスイス人時計師が見た、幕末の横浜
会期:2015年12月19日(土)〜24日(木)
時間:11:00-19:00 (最終日は17時閉場)
会場:1Fギャラリー
主催:ジラール・ペルゴ(ソーウインド ジャパン株式会社)
協力:SOWIND SA、Musée d’ethnographie Neuchâtel、
Musée international d’horlogerie La Chaux-de-Fonds
後援:スイス大使館、スイス時計協会FH、横浜市文化観光局、テレビ神奈川、
ヨコハマグランド インターコンチネンタル ホテル、
一般社団法人セイラーズ フォー ザ シー日本支局、株式会社CHARMY
入場料:無料

ジラール・ペルゴとは
ジラール・ペルゴは、1791年まで起源を辿ることのできるスイスの高級腕時計メーカーであり、ブランドの歴史は、コンスタン・ジラールによって制作された1889年のパリの万国博覧会で金賞を受賞したスリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨンのような、革新的な技術と素晴らしいデザインが融合した伝説的な時計をはじめとする数々の作品に象徴されています。
80以上もの特許を取得し、最新鋭の高級時計の制作に専念しながら、心臓部である機構の組み立てを含む、企画から製造までを一社で一貫して行うという数少ないウォッチメーカー(マニュファクチュール)のひとつです。2013年には、ジラール・ペルゴは、革新的な時計『コンスタント・エスケープメント L.M.』で、ジュネーブ時計グランプリ(the Grand Prix d’Horlogerie de Genève)の最優秀賞「the Aiguille d’Or(金の針賞)」を受賞し、2015年度も『ミニッツリピーター ゴールド・ブリッジ トゥールビヨン』がストライキング部門の賞を受賞しています。
ジラール・ペルゴは、影響力のある「ラグジュアリー」と「スポーツ&ライフスタイル」ブランドの集合体が築く、アパレルとアクセサリーの分野で世界をリードするケリング(Kering)グループの一員です。
イベント・告知
YCC ヨコハマ創造都市センター
Copyright © 2015-2017 YCC All Rights Reserved.
Close
SNS
Instagram