終了しました
TALK
  • YCCトーク 第3弾「 絵を描くということ。アーティスト 今井俊介」
YCC ヨコハマ創造都市センター1階で、大型の壁面作品と絵画作品を展示中の現代美術作家、今井俊介氏と、YCC館長の長田哲征のトークを行います。今井氏の絵画作品が展示されているYCC 1F カフェ オムニバス&ギャラリーを会場とし、絵を見ながら、そして、ドリンクも飲みながら、カジュアルに参加いただける対話形式の少人数制のトークです。「絵を描く」という美術の根源的なテーマにこだわりながら、華やかで、親しみやすい絵画を制作している今井氏の素顔と魅力に迫ります。なかなか普段接することのできないアーティストと、直接話してみたいという方、是非ご来場ください。

登壇者:今井俊介(アーティスト)、長田哲征(YCC館長・代表理事)
日時: 2015年7月15日(水)19:00-20:00
会場:YCC ヨコハマ創造都市センター 1F / カフェ オムニバス・ギャラリー
入場:無料 (トーク中、オムニバスでのドリンクオーダーも有料で可。)
協力:HAGIWARA PROJECTS

参加ご希望の方は、info [at] yokohamacc.org 宛に参加希望の旨、ご連絡ください。当日参加も可能ですが、事前にご連絡いただいた方は座席を確保いたします。
今井俊介
1978 年 福井県生まれ、東京都在住。
武蔵野美術大学大学院造形研究科 美術専攻油絵コース修了。絵画の基本的要素である、色、形、空間についての考察を元に作品を制作。カラフルなストライプ柄が重なり合う構図を描き、平面の可能性と「観ること」の根本的な意味を探求する。主な展覧会に、「VOCA 展」上野の森美術館(東京、2015)、「絵画の在りか」東京オペラシティアートギャラリ(東京、2014)など。
長田哲征
1970年横浜、本牧生まれ。オフソサエティ代表(芸術文化施設計画、アートプロジェクトディレクション)、YCC ヨコハマ創造都市センター館長、特定非営利活動法人 YCC 代表理事。多摩美術大学卒。国内および米国建築設計事務所、現代美術関連会社などを経て、2002-2008年、ナンジョウアンドアソシエイツ代表取締役/ディレクター。過去にArts Towada/十和田市現代美術館の全体監修、ちよだアートスクエア(現3331アーツ千代田)計画策定、六本木ヒルズアートプロジェクト制作協力、コレド日本橋アートプロジェクト監修、アートヴィレッジ大崎アートプロジェクト監修、国東半島芸術祭サイトスペシフィックワーク制作協力、太田市北口駅前文化交流施設アドバイザーなど。
イベント・告知
YCC ヨコハマ創造都市センター
Copyright © 2015-2017 YCC All Rights Reserved.
Close
SNS
Instagram