終了しました
EVENT
  • 公開シンポジウム クシシュトフ・ヴォディチコ『現在の世界、そしてアートにできること』
2017年7月17日(月・祝)
15:00〜17:30
入場無料、要予約、同時通訳付き
主催・問合せ
横浜国立大学・横浜都市文化ラボ(代表:室井尚)(平日12:00〜17:00)
FAX
メール
ylabo208@gmail.com
アクセス
営業時間
定休日
半世紀にわたって世界的アーティストとして活動を続けてきたクシシュトフ・ヴォディチコ氏は1943年、第二次世界大戦中のワルシャワで生まれました。社会主義体制下のポーランドでアーティスト活動を始め、カナダ、アメリカ、フランスなどに活動の範囲を広げながら、一貫して権力によって押しつぶされている人々の「声」をすくいとり、公共の場所で「プロジェクション」という手法で示し続けてきました。
今回の氏の東アジア初の大規模な回顧展(7月5日〜10月9日)が韓国・ソウル国立現代美術館で開催されるに当って、氏の口から直接、現代の世界状況とアートの役割について語っていただきます。アートにはいったい何ができるのか? この問題を共有する方々のご参加を期待しています。
また、ディスカッサントとしてはヴォディチコ氏の作品をいちはやく日本に紹介した河本信治氏、越前俊也氏をお呼びしました。来年、2018年に長年の盟友である横浜国立大学の室井尚とのコラボレーション作品の製作を計画しているヴォディチコ氏の作品についてお二人にも色々語っていただきたいと思っております。
会場の関係で入場人数に制限がございますので、できるだけ早くご予約をいただきたくお願い申し上げます。
イベント・告知
YCC ヨコハマ創造都市センター
Copyright © 2015-2017 YCC All Rights Reserved.
Close
SNS
Instagram