展覧会概要

 

Please click here for English text.

 

YCC ヨコハマ創造都市センターでは、昨年度よりスタートしたYCC独自のアートプログラム「YCC Temporary」の第五弾として、若手美術家 北澤潤による展覧会「YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”」を開催いたします。北澤潤は「コミュニティ・スペシフィック」をテーマに国内外で活動しているアーティストであり、米経済誌フォーブスの「30 Under 30 Asia 2016」アート部門にも選出されています。

 

“NEIGHBOR’S LAND”は、アーティストの北澤潤が日本と東南アジアをはじめとする海外を行き来する生活の中で感じた個人的な違和感を出発点に、現代日本の都市のなかで国家や文化のはざまを生きる人々との協働をとおして、わたしたちの日常に隣り合いながら存在する多様な「隣人たちの国」を都市空間の内部に構築していき、日本でありながら日本でないどこか、“NEIGHBOR’S LAND”をつくるプロジェクトです。

 

横浜在住の外国人の方々からプロジェクトメンバー「ネイバーズ」を募り、それぞれがつながる外国の生活風景や日常の営みを形にしていくとともに、すでにこの街に存在している外国の文化を収集することで、YCCの内部空間を“NEIGHBOR’S LAND”へと変貌させていきます。このプロジェクトには、10ヵ国を超える横浜在住の外国の方々が「ネイバーズ」として参加してくださっており、アーティストである北澤潤と、「ネイバーズ」が、複数回にわたるミーティングやディスカッションを重ね、実現されるものです。会場づくりだけでなく、会期中の運営やイベント実施にも、「ネイバーズ」が参画してくれています。

 

“NEIGHBOR‘S LAND”は、外国人の方々の出身国の文化、生活、慣習などを知り、体験し、人々が出会うことのできる、多様な人々やモノ、イベントが集まった街のような構成となり、各参加者の出身国での生活・記憶をもとに作られるブースに加え、モノづくり講座、語学講座、料理教室、各国の飲料・料理販売、物品販売など、さまざまなイベントを実施します。出身国や国籍に関わらず、同じ横浜に住む「隣人」として、人々の間でさまざまな交流が生まれることを目指しています。

 

世界のどこにも存在しない“NEIGHBOR’S LAND”がYCCの展示空間に出現し、多様な国の人々や文化に出会い、体験できる貴重な機会となりますので、是非、この機会にご来場ください。

 
YCC Temporaryについて

北澤潤によるステートメント

 

開催概要

 

YCC Temporary JUN KITAZAWA “NEIGHBOR'S LAND”
YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”

 

会期:
2018/4/27(金)〜6/10(日)の木・金・土・日曜・祝日のみ開場
会期終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

複数のイベントから構成されるプロジェクトのため、開場日程・時間が変則的です。ご注意ください。

 

※月・火・水曜は休み。ただしゴールデンウィーク期間中4/30(月)~5/6(日)は休まず開場。
※会期中は、「ネイバーズ」によるモノづくり講座、語学講座、料理教室、各国の飲料・料理販売、物品販売など、さまざまなイベントを実施。開催1週間前程度から、当ウェブサイト、YCC公式Facebookなどにイベントスケジュールを掲載します。

 

イベントスケジュール

 

時間:

木・金 15:00〜20:00
土・日・祝 12:00〜20:00 

 ※ゴールデンウィーク期間中4/30(月)~5/6(日)は以下の時間で開場します。

4/30(月・祝) 12:00〜20:00
5/1(火)  15:00〜20:00
5/2(水) 15:00〜20:00
5/3(木・祝) 12:00〜20:00
5/4(金・祝) 12:00〜20:00
5/5(土・祝) 12:00〜20:00
5/6(日) 12:00〜20:00

 

会場:YCC ヨコハマ創造都市センター 3階

 

入場:500円

※1回のお支払いで会期中、何度でも入場可能なパスポート制。
※高校生以下入場無料、要学生証提示。
※会場内で実施されるイベントへの参加費や物品の購入には別途料金がかかります。

 

主催:YCC ヨコハマ創造都市センター(特定非営利活動法人 YCC)

 

助成:芸術文化振興基金

 

後援: 横浜市文化観光局

 

 

“ネイバーズ・ランド” ディレクション:
北澤潤(美術家)

 

“ネイバーズ・ランド” 参画・謝辞:
横浜在住の外国人の方々

Ageng Sadnowo(Indonesia)
Aisha Sadnowo(Indonesia)
Alvian Safrizal (Indonesia)
Aman Gupta (India)
Amol Shekatkar (India)
Anna Andriana (Indonesia)
Cendikia Luthfita (Indonesia)
Chan Hanae
Chiang Po-Yen (Taiwan)
Danica Young (USA)
David Nagai (USA)
Dessaules Frieda  (Germany)
Elena Galofaro (Italy)
Florince Flo (Indonesia)
Giulia Coccoli (Italy)
Helen Chew (Malaysia)
HowSiong Thong (Malaysia)
Kini Syou (China)
Kuji Cecilia (Philippine)
Kuji Kyoko
Kuji Takuya
L.K.Pranav P (India)
Ma Sumika
Nareswari Worohapsari (Indonesia)
Nining Purwasih (Indonesia)
Prasetia Utama (Indonesia)
Sumaira Erum (Pakistan)
Wika Purwasih(Indonesia)
Yuva Kumar (India)

 

“ネイバーズ・ランド” 協力・謝辞:
横浜市立みなと総合高等学校の生徒のみなさま

 

協力:
能作淳平(建築家、会場デザイン協力)
広瀬義巳(スタジオ・ステップ、会場施工)
樋口道彦(植栽協力)

 

DMデザイン:加藤賢策(LABORATORIES)

 

企画: 長田哲征(YCC / offsociety inc.
コーディネーション: 長田哲征、岩澤夏帆(YCC

YCC Temporaryに関する最新情報は、YCCのFACEBOOK、Twitterをご確認ください。

20180115_nl_sketch_4_rev

"NEIGHBOR'S LAND " 北澤潤 イメージスケッチ

 

27912816_1637252589689424_6889377438052408219_o

第1回ミーティングの様子

 

第1回ミーティングの様子

 

第1回ミーティングの様子

 

キックオフパーティー

 

会場イメージ

 

キックオフパーティー

Exhibition Summary

 

日本語はこちらをクリック

 

 

YCC Yokohama CreativeCity Center (YCC) is pleased to announce “YCC Temporary JUN KITAZAWA”, an art project and exhibition by a young emerging artist, Jun Kitazawa. This art exhibition will be the 5th time of “YCC Temporary”, the YCC’s original art program that focuses on “Contemporary” and consists from art exhibition, performance and researching project, etc. Jun Kitazawa has kept making unique art projects with his consistent theme “Community Specific” not only in Japan but also foreign countries. He was listed on the Forbes magazine “30 Under 30 Asia – The Arts” in 2016.

 

This art project and exhibition by Jun Kitazawa focuses on various “foreign nationals” who live right next to Japanese people as true “Neighbors” in same Yokohama. Although we live in the same city, Yokohama, there is no many chances to know about neighbor’s country, culture and custom. In this exhibition, “NEIGHBOR'S LAND” is created by diverse neighbor’s country background and culture at YCC’s exhibition space. “NEIGHBOR'S LAND”, which looks like somewhere’s “Town” not like town in Japan but actually located in Japan, consists from various foreign national’s activity, people, cultural things and daily goods. “NEIGHBOR'S LAND” is going to be where you can meet diverse foreign nationals and also you can find out foreign country’s culture, sense of values, traditional customs and daily life. Through a research by the artist himself and meetings and discussions with foreign nationals living in Yokohama, “NEIGHBOR'S LAND” is created by collaboration with foreign nationals and the artist.

 

Please take this rare opportunity to meet various foreign nationals and their diverse culture in the “NEIGHBOR'S LAND” that doesn’t exist any other places except YCC.

 

About YCC Temporary

 

 

Exhibition Information

 

YCC Temporary JUN KITAZAWA “NEIGHBOR'S LAND”

 

Period:
April 27 Fri – June 10 Sun, 2018
Open every Thu, Fri, Sat, Sun & National Holiday 

 

Please be aware that the opening date and time is unusual since this exhibition consists of various events.
※Close on Mon, Tue, Wed. However, open during Golden Week from April 30, Mon to May 6, Sun.
※During exhibition, various events by Neighbors such as craft workshop, language lesson, cooking class, selling goods, serving food / drink will take place. Event schedule will be announced about a week before the event  both on this website and YCC's official Facebook.

 

Event Schedule

 

Opening Time:

Thu・Fri      15:00-20:00
Sat・Sun・National Holiday      12:00-20:00

 

 ※Exhibition will be open at the following time during Golden Week, from April 30, Mon to May 6, Sun.
April 30, Mon 12:00〜20:00
May 1, Tue 15:00〜20:00
May 2, Wed 15:00〜20:00
May 3, Thu 12:00〜20:00
May 4, Fri 12:00〜20:00
May 5, Sat 12:00〜20:00
May 6, Sun 12:00〜20:00

 

Venue:   YCC Yokohama CreativeCity Center, 3rd Floor

 

Admission:   500yen

※One time payment for free entry and exit during the exhibition period.
※Free for high school student and below. Student ID needs to be shown.
※Fee for taking lessons or cost for buying something at the venue is NOT included in admission. 

 

Organizer:  YCC Yokohama Creativecity Center (Non-Profit Organization YCC)

 

Supported by:  芸術文化振興基金

芸術文化振興基金

 

Under the Auspices:  City of Yokohama Culture and Tourism Bureau

 

“NEIGHBOR'S LAND” Direction:
Jun Kitazawa (Artist)

 

“NEIGHBOR'S LAND” Participation & Special Thanks:
Participating Foreign Nationals in Yokohama
Ageng Sadnowo(Indonesia)
Aisha Sadnowo(Indonesia)
Alvian Safrizal (Indonesia)
Aman Gupta (India)
Amol Shekatkar (India)
Anna Andriana (Indonesia)
Cendikia Luthfita (Indonesia)
Chan Hanae
Chiang Po-Yen (Taiwan)
Danica Young (USA)
David Nagai (USA)
Dessaules Frieda  (Germany)
Elena Galofaro (Italy)
Florince Flo (Indonesia)
Giulia Coccoli (Italy)
Helen Chew (Malaysia)
HowSiong Thong (Malaysia)
Kini Syou (China)
Kuji Cecilia (Philippine)
Kuji Kyoko
Kuji Takuya
L.K.Pranav P (India)
Ma Sumika
Nareswari Worohapsari (Indonesia)
Nining Purwasih (Indonesia)
Prasetia Utama (Indonesia)
Sumaira Erum (Pakistan)
Wika Purwasih (Indonesia)
Yuva Kumar (India)

 

“NEIGHBOR'S LAND” Cooperation & Special Thanks:
Students of Minato Sogo High School

 

Special Thanks:
Junpei Nousaku(Architect, Design Adviser)
Yoshimi Hirose(Studio Step, Construction)
Michihiko Higuchi(Providing Plant)

 

DM Design:  Kensaku Kato (Laboratories)

 

Curation: Tetsuyuki Nagata(YCC / offsociety inc.
Coordination: Tetsuyuki Nagata, Natsuho Iwasawa(YCC

YCC Temporaryに関する最新情報は、YCCのFACEBOOK、Twitterをご確認ください。

20180115_nl_sketch_4_rev

"NEIGHBOR'S LAND " Image sketch by Jun Kitazawa

 

27912816_1637252589689424_6889377438052408219_o

First "Neighbor's Meeting"

 

First "Neighbor's Meeting"

 

First "Neighbor's Meeting"

 

Kick-off Party

 

Layout Image of "NEIGHBOR'S LAND"

 

Kick-off Party

Event Schedule

イベントスケジュールは、開催1週間前程度から以下および、YCC公式Facebookなどに掲載します。
Event schedule will be announced and updated about a week before the event both on the following calendar and YCC's official Facebook.

 

会期:2018/4/27(金)〜6/10(日)の木・金・土・日曜・祝日のみ開場
※月・火・水曜は休み。ただしゴールデンウィーク期間中4/30(月)~5/6(日)は休まず開場。
時間:木・金 15:00〜20:00 / 土・日・祝 12:00〜20:00

Period:   April 27 Fri – June 10 Sun, 2018 Open every Thu, Fri, Sat, Sun & National Holiday
Opening Time:   Thu・Fri 15:00-20:00  /  Sat・Sun・National Holiday 12:00-20:00
※Exhibition will be open through April 30, Mon to May 6, Sun, during Golden Week.

通貨 "NEIGHBOR'S LAND COIN"

NEIGHBOR'S LAND内でご利用いただける「通貨」として"NEIGHBOR'S LAND COIN(略称:NL)"をご用意しています。NEIGHBOR'S LAND COINは、物品購入やイベント参加費としてご利用いただけます。入場の際に受付にて現金からコインに換金いただき、ご利用ください。退場の際には、コインから現金に再換金することも可能です。

 

ネイバーズランド  ネイバーズランド

6月2日(土)中国DAY

OPEN 12:00-20:00


時間未定 小さな獅子舞出現!?
頭を噛まれると福が来るという中国獅子舞がどこかで現れるかも・・・。


時間未定 BELIA STORE(Philippine)
1NL〜
フィリピン出身のセシリアさんのお母さんの店「BELIA STORE」のなかで、故郷を思い出すさまざまなフィリピンのお菓子やジュースを購入することができます。陽気なセシリアさんは時には歌いだすことも・・・


12:00-20:00 窓花ワークショップ(China)
無料
中華学校に通うスミカちゃんが教えてくれた窓花(まどはな)。中国の家の窓に切り絵を貼る文化があり、ここでも切り絵を作って中国ブースの窓に貼って楽しむことができます。


時間未定 WARUNG KELUARGA(Indonesia)
1NL〜
家族が営むインドネシアの商店「Warung Keluarga」オープン。時にお店として、時にリビングルームとしても使われる空間は、インドネシアならではのアットホームな雰囲気が漂う。インドネシアのコーヒーやインスタントラーメンが購入できる。※インドネシア出身のネイバーズたちはラマダーン中につき長時間滞在は予想されません


18:00頃- “NEIGHBOR’S LAND” 路地裏トーク#7 ネイバーズ・中国
投げNL
異国のまちなかのような「ネイバーズ・ランド」の路地裏で、アーティストの北澤潤が中国出身ショウさんや中華学校に通うスミカちゃんの家族をゲストに様々な話を聞きだします。
ショウさんは日本の大学で、日本に住む中国人の子育てについて研究しています。近くに中華街があるこのYCCで感じたショウさんの考えを引き出したいと思います。また、日本と中国の両方の文化を学ぶ中華学校に通う女の子、スミカちゃん。中華街のすぐそばに住んでいる感覚とはどういったものでしょうか。ネイバーズ・ランドのなかでしか聞き出せない、この瞬間に是非お越しください。

※ほかのネイバーズが現れる時間は予想できません(おそらく15時以降かと・・)

6月3日(日) アメリカDAY

OPEN 12:00-20:00


15:00くらい〜随時 Sundae Bar(USA)
3NL

アメリカでは有名な「サンデーアイス」を作るワークショップを開催します。アイスとトッピングをたくさんのせて、自分だけのあまあまアメリカンなサンデーを作りましょう!この日限定です!


時間未定 BELIA STORE(Philippine)
1NL〜
フィリピン出身のセシリアさんのお母さんの店「BELIA STORE」のなかで、故郷を思い出すさまざまなフィリピンのお菓子やジュースを購入することができます。陽気なセシリアさんは時には歌いだすことも・・・


12:00-20:00 窓花ワークショップ(China)
無料
中華学校に通うスミカちゃんが教えてくれた窓花(まどはな)。中国の家の窓に切り絵を貼る文化があり、ここでも切り絵を作って中国ブースの窓に貼って楽しむことができます。


時間未定 WARUNG KELUARGA(Indonesia)
1NL〜
家族が営むインドネシアの商店「Warung Keluarga」オープン。時にお店として、時にリビングルームとしても使われる空間は、インドネシアならではのアットホームな雰囲気が漂う。インドネシアのコーヒーやインスタントラーメンが購入できる。※インドネシア出身のネイバーズたちはラマダーン中につき長時間滞在は予想されません


18:00頃- “NEIGHBOR’S LAND” 路地裏トーク#8 ネイバーズ・アメリカ
投げNL
異国のまちなかのような「ネイバーズ・ランド」の路地裏で、アーティストの北澤潤がアメリカ出身ダニカさんをゲストに様々な話を聞きだします。
日本で英語教師をされているダニカさん。自分ではちょっとシャイだって教えてくれますが、日本のシャイとは全然違うようで、とっても愉快で、ネイティブイングリッシュのリズム感や使い回しはいつも楽しい気分にさせてくれます。お父さんの趣味部屋「MAN CAVE」を作るまでの話も含め、彼女が過ごす日本の生活について、きっと愉快な会をお楽しみください。

※ほかのネイバーズが現れる時間は予想できません(おそらく15時以降かと・・)

6月7日(木)

OPEN 15:00-20:00


時間未定 BELIA STORE(Philippine)
1NL〜
フィリピン出身のセシリアさんのお母さんの店「BELIA STORE」のなかで、故郷を思い出すさまざまなフィリピンのお菓子やジュースを購入することができます。陽気なセシリアさんは時には歌いだすことも・・・


時間未定 ZAM ZAM FAMILY DHABA(India)
1NL〜
インド出身のアマンさんの通っていたファミレス。ネイバーズ・ランドのZAMZAMのなかでは、本格チャイティー教室を開催しています。いい香りがしていたらアマンさんがいるかも!

 

6月8日(金)

OPEN 15:00-20:00


未定

 

6月9日(土) マレーシアDAY

OPEN 12:00-20:00


12:00-18:00 MAMAK(Malaysia)
2NL〜
マレー民族・インド系・華僑系の3民族が共に暮らすマレーシア。ムスリム系レストランの「MAMAK」はマレーシア出身のトンさん家族の大好きなマシレマを食べる集合場所の定番。時には路上にはみ出してmiroを飲みながらサッカー観戦することもあるとの話から、ネイバーズ・ランドでもサッカー観戦することもあります。この日は大売り出し予定。


時間未定 BELIA STORE(Philippine)
1NL〜
フィリピン出身のセシリアさんのお母さんの店「BELIA STORE」のなかで、故郷を思い出すさまざまなフィリピンのお菓子やジュースを購入することができます。陽気なセシリアさんは時には歌いだすことも・・・


12:00-20:00 窓花ワークショップ(China)
無料
中華学校に通うスミカちゃんが教えてくれた窓花(まどはな)。中国の家の窓に切り絵を貼る文化があり、ここでも切り絵を作って中国ブースの窓に貼って楽しむことができます。


時間未定 WARUNG KELUARGA(Indonesia)
1NL〜
家族が営むインドネシアの商店「Warung Keluarga」オープン。時にお店として、時にリビングルームとしても使われる空間は、インドネシアならではのアットホームな雰囲気が漂う。インドネシアのコーヒーやインスタントラーメンが購入できる。※インドネシア出身のネイバーズたちはラマダーン中につき長時間滞在は予想されません


18:00頃- “NEIGHBOR’S LAND” 路地裏トーク#9 ネイバーズ・マレーシア
投げNL
異国のまちなかのような「ネイバーズ・ランド」の路地裏で、アーティストの北澤潤がマレーシア出身トンさん家族をゲストに様々な話を聞きだします。
トンさん家族は日本に来て半年程度。初めて見た桜。日本の面白いところ、綺麗なところ、嫌なところ。マレーシアの最高なところ、嫌なこと。それぞれの感覚を聞き出したいと思います。トンさんの息子4歳児にとって日本ってどんな感じなのかも聞き出してみたいと思います。

※ほかのネイバーズが現れる時間は予想できません(おそらく15時以降かと・・)

6月10日(日)クロージングDAY

OPEN 12:00-20:00 (LAST SALE 12:00-18:00)


12:00-18:00 BELIA STORE(Philippine)
1NL〜
フィリピン出身のセシリアさんのお母さんの店「BELIA STORE」のなかで、故郷を思い出すさまざまなフィリピンのお菓子やジュースを購入することができます。陽気なセシリアさんは時には歌いだすことも・・・


12:00-18:00 窓花ワークショップ(China)
無料
中華学校に通うスミカちゃんが教えてくれた窓花(まどはな)。中国の家の窓に切り絵を貼る文化があり、ここでも切り絵を作って中国ブースの窓に貼って楽しむことができます。


12:00-18:00 WARUNG KELUARGA(Indonesia)
1NL〜
家族が営むインドネシアの商店「Warung Keluarga」オープン。時にお店として、時にリビングルームとしても使われる空間は、インドネシアならではのアットホームな雰囲気が漂う。インドネシアのコーヒーやインスタントラーメンが購入できる。※インドネシア出身のネイバーズたちはラマダーン中につき長時間滞在は予想されません


12:00-18:00 MAMAK(Malaysia)
2NL〜
マレー民族・インド系・華僑系の3民族が共に暮らすマレーシア。ムスリム系レストランの「MAMAK」はマレーシア出身のトンさん家族の大好きなマシレマを食べる集合場所の定番。時には路上にはみ出してmiroを飲みながらサッカー観戦することもあるとの話から、ネイバーズ・ランドでもサッカー観戦することもあります。この日は大売り出し予定。


18:00-19:50 OPEN FAREWELL PARTY
見学可能
2月に出会ってから約4ヶ月プロジェクトを一緒に活動してきたネイバーズ。出会った当初から計画段階、会期が始まってからのイベントや思い出を振り返り、お別れ会を行います。アーティスト北澤潤よりネイバーズに対して、感謝の想いを伝える時間となり、ネイバーズらしく楽しくハッピーな時間にしたいと考えております。

 

 

 

毎週土日開催 路地裏トーク

Every Saturday and Sunday, Mini Talk Event

%e8%b7%af%e5%9c%b0%e8%a3%8f%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab

毎週土日18時から、アーティストの北澤潤が各国のネイバーズを迎え、インタビュー形式の路地裏トークを行います。トークに合わせその国のイベントを開催するなど、日によって雰囲気が異なりますので、興味のある国の日には是非ご参加ください。

We are going to hold mini talk events every Saturday and Sunday after 6pm. Jun Kitazawa will have an interview to Neighbors about their hometown and lives of Japan. For example, what be in trouble, Ramadan term, Missing places... Please come to the date which country you are interested in.

場所:YCC ヨコハマ創造都市センター 「ネイバーズ・ランド」の路地裏
参加費:無料(投げ銭歓迎)
予約:不要(お申込みなしでご参加いただけます)

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-55-41

インドミー

Indo mie

インドネシアのインスタントラーメン「インドミー」を一緒に作って食べよう!

WARUNG KELUARGAにて販売中。いろんな味を試してみてください。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-57-52

フィリピンナショナルドレス

Philippine National Dress

フィリピンのナショナルドレスを着て写真を撮りませんか?BELIA STOREにて開催中。記念に1枚どうですか?

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-58-16

イタリアポストカード

Italy Post Card

イタリア出身のエレナさんが描いたポストカードを販売中。

日本でイラストと日本語を勉強するエレナさんのイタリアの風景画です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-52-03

チャイ教室

Chai Lesson

インドの「チャイ」を体験できます。ZAM ZAM FAMILY DHABAにて開催しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-57-02

窓花 ワークショップ

Madohana(window Flower) 

中国の窓花を作ってみよう!作った切り絵は窓に貼ることができます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-17-51-26

サッカー観戦 

Watching foot ball game

マレーシアの「mamak」では、屋外でサッカー観戦をするようです。ネイバーズ・ランドのmamakでもたまに開催しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-51-15

ボードゲーム ルド

RUDO

パキスタンの一角に、インドのボードゲーム「RUDO」があります。ネイバーズ・ランドの住人がたまにやっているかもしれません

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-50-44

エディコラ

EDICORA 

イタリアの街角のキオスク的な存在「エディコラ」。イタリア出身のエレナさんがよくポケモンカードや漫画を買ってもらった思い出の場所。雑誌を自由に読むことができます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-05-11-16-49-41

英会話

Game for English Conversation

アメリカ出身のダニカさんとゲームしながら英会話を楽しめます。英語の早口言葉言えますか?

北澤潤

JUN KITAZAWA

portrait_kitazawa_72dpi

 

Artist, representative of JUN KITAZAWA OFFICE YAKUMO, working in collaboration with local government, education facilities, medical institutions, companies, local communities, and NPOs to develop art project related to people’s daily life in Japan and rest of the world. Using the factors from local area and building up relationship with local community in order to create a long-term art project that records the shift of value, he proposes “community-specific” art projects. He obtained Ph. D. in Fine Arts from Tokyo University of the Arts in 2015. He was named to "30 Under 30 Asia" list in 2016, the Forbes magazine.

 

 

美術家、北澤潤八雲事務所代表。1988年東京都生まれ、同在住。2007年に父の出身地である佐渡島と新潟をつなぐ客船「おけさ丸」を舞台に初めてのプロジェクトを実施。以来、国内外約30の地域に関わりながら、中長期的なフィールドワークを経て多様な人びとと協働し、日常に問いを投げかける場を共同体の内部に生み出す「コミュニティ・スペシフィック」を志向したアートプロジェクトを実践しつづけている。2010年には「北澤潤八雲事務所」を設立し、行政機関、教育機関、医療機関、企業、地域団体、NPO などとパートナーシップを結びながら直接的に社会と関わり、自立的かつ持続的なプロジェクトの可能性を模索してきた。2016年から2017年にかけて国際交流基金アジアセンターのフェローシッププログラムで1年間インドネシアに滞在。以降、日本とインドネシアを行き来しながら活動を展開している。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。米経済誌フォーブス「30 Under 30 Asia 2016」アート部門選出。

略歴

Biography

北澤潤

JUN KITAZAWA

 

Artist's Website

http://www.junkitazawa.com 

 

【Project】

  • 2017 《Birdcage of the Earth》Semarang, Indonesia
  • 2017 《Ideal Home Contest》Jakarta, Indonesia
  • 2016 《Living Room in Kujiragaoka》Hitachi Ota city, Ibaraki
  • 2015 《Living Room in Izumicho》Mito city, Ibaraki
  • 2015 《Unreal City Estate》Auckland, New Zealand
  • 2015 《After Five Government》Kunitachi, Tokyo
  • 2014 - 《Full Moon Dining》Sanagochi Village, Tokushima
  • 2014 《Sun Self Hotel in Nanjichang》Taipei, Taiwan
  • 2013 《Living Room in Sakaemachi-ichiba》Naha, Okinawa
  • 2013 - 2015 《Time Travel Museum》Maizuru, Kyoto
  • 2013 《Sun Self Hotel Roppongi-showroom》Minato-ku, Tokyo
  • 2013 - 《Living Room in Takanosu》Kitaakita, Akita
  • 2012 - 2017 《Sun Self Hotel in Ino Estate》Toride, Ibaraki
  • 2011 - 《School After School Club》Mito, Ibaraki
  • 2011 《Homework of Family Circle in Asakusa 2011》Taito-ku, Tokyo
  • 2011 《School After School Club》Yokohama, Kanagawa
  • 2011 《Living Room in Nepal》Kathmandu, Nepal
  • 2011 - 2014 《My Town Market》Shinchi, Fukushima
  • 2011 《School of Sky》Thimphu, Kingdom of Bhutan
  • 2010 - 2011 《School After School Club》Mito, Ibaraki pref.
  • 2010 《Homework of Family Circle in Asakusa 2010》Taito-ku, Tokyo
  • 2010 《Living Room in Ryogoku Honmachi》Tokushima city, Tokushima
  • 2010 《Walking Town》Tokushima city, Tokushima
  • 2010 - 2015 《Living Room in Kitamoto Estate》Kitamoto, Saitama
  • 2009 - 2010 《History of New Citizens in Children’s House》Nerima-ku, Tokyo
  • 2009 《Floating Island》Shinanogawa waterfront, Niigata
  • 2008 《Hamlet in the Hospital》Tsukuba city, Ibaraki pref.

 

【Selected Exhibition】

  • 2015 Cafe in Mito R, Art Tower Mito [group]
  • 2014 Romantic Geography , 3331Arts Chiyoda,Tokyo/ TKG+Projects,Taipei [group]
  • 2012 Artist and the Disaster - Documentation in Progress -, Art Tower Mito [group]
  • 2012 Commuity Specific Study | Project File of Jun Kitazawa Office Yakumo, Koganecho Bazaar 2012 [solo]
  • 2011 Social Dive – Exploratory Imagination-, 3331 Arts Chiyoda [group]

 

【Awards】

  • 2016 Forbes 30Under 30 Asia 2016 Art section
  • 2014 Good Design Award 2014 – My Town Market
  • 2014 Kids Design Award 2014 – School After School Club
  • 2014 Eco Japan Cup 2014 (Culture Category, Eco Art), Grand Prize – Living Room
  • 2012 Ibaraki Design Selection 2012 School After School Club

 

【プロジェクト】

  • 2017年 《地球の鳥籠》インドネシア共和国、スマラン
  • 2017年 《理想の家のコンテスト》インドネシア共和国、ジャカルタ
  • 2016年 《リビングルーム鯨ヶ丘》茨城県常陸太田市
  • 2015年 《リビングルーム泉町》茨城県水戸市
  • 2015年 《空想都市不動産》ニュージーランド、オークランド
  • 2015年 《アフターファイブガバメント》東京都国立市
  • 2014年—  《フルムーンダイニング》徳島県佐那河内村
  • 2014年 《サンセルフホテル南機場》台湾、台北市
  • 2013年 《リビングルーム栄町市場》沖縄県那覇市
  • 2013年—2015年 《時間旅行博物館》京都府舞鶴市
  • 2013年 《実りの湯》徳島県徳島市
  • 2013年 《サンセルフホテル- 六本木ショールーム》東京都港区
  • 2013年— 《リビングルーム鷹巣》秋田県北秋田市
  • 2012年—2017年 《サンセルフホテル井野団地》茨城県取手市
  • 2011年— 《放課後の学校クラブin浜田小学校》茨城県水戸市
  • 2011年 《家庭の宿題サークル2011》東京都台東区
  • 2011年 《放課後の学校クラブin星槎中学校》神奈川県横浜市
  • 2011年 《リビングルーム イン ネパール》ネパール連邦民主共和国、カトマンズ
  • 2011年—2014年 《マイタウンマーケット》福島県相馬郡新地町
  • 2011年 《スクールオブスカイ》ブータン王国、ティンプー
  • 2010年—2011年 《放課後の学校クラブin五軒小学校》茨城県水戸市
  • 2010年 《家庭の宿題サークル2010》東京都台東区
  • 2010年 《リビングルーム徳島両国本町》徳島県徳島市
  • 2010年 《歩く町》徳島県徳島市
  • 2010年—2015年 《リビングルーム北本団地》埼玉県北本市
  • 2009年—2010年 《児童館の新住民史》東京都練馬区
  • 2009年 《浮島》新潟県新潟市
  • 2008年 《病院の村》茨城県つくば市

 

【主な展覧会】

  • 2015年 「カフェ・イン・水戸R」水戸芸術館現代美術センター
  • 2014年  「空想する都市学」3331アーツ千代田、TKG+projects
  • 2012年 「3.11とアーティスト|進行形の記録」水戸芸術館現代美術センター
  • 2012年 「コミュニティスペシフィック・スタディ」黄金町バザール2012
  • 2011年 「ソーシャルダイブ―探険する想像」3331アーツ千代田

 

【受賞】

  • 2016年 フォーブス「30アンダー30アジア版」アート部門選出
  • 2014年 グッドデザイン賞2014(マイタウンマーケット)
  • 2014年 キッズデザイン賞2014(放課後の学校クラブ)
  • 2014年 エコジャパンカップ2014 カルチャー部門 エコアート グランプリ(リビングルーム)
  • 2012年 いばらきデザインセレクション2012 (放課後の学校クラブ)

 

YCC Temporary

 

 

「YCC Temporary」は、YCC ヨコハマ創造都市センター(以下、YCC)が企画・実施しているアートプログラム・シリーズであり、毎回、現代のアーティストに焦点を当て、美術展覧会やパフォーマンス公演などを開催・実施しています。

 

「一時的」「間に合わせの」という意味を有する「Temporary」と名付けられたこのアート・プログラムは、YCCを「一時的に美術館のように見立て」、展覧会・パフォーマンスなどを開催・実施するものです。「Temporary」という名称は、YCCが美術館のように恒常的に長期の展示プログラムを行える施設ではないこと、「Temporary」という言葉に込められた時間の尺度は我々にとって何を意味するのか、また「現代」を意味する「Contemporary」と同一語源の言葉であり、「今だけの」「現代の」という意味も包含するプログラムとして、「今を生き、表現する」ことに焦点を当て、企画・実施していく予定です。

 

YCC Temporaryは、毎回、「ひとりのアーティスト」に焦点を当て、個展形式で開催すると同時に、「ひとつの空間」に「大型作品を1作品のみ展示・公演」という形態で開催します。作品が発表される場は、作品の内容に合わせて、YCCのあらゆるスペースを使用して展開していきます。

 

YCCでは、「YCC Temporary」を継続するプログラムとして、YCC内での美術作品の展示やパフォーマンスだけでなく、リサーチプロジェクト、横浜市中心部における屋外でのプロジェクトなどさまざまな企画をシリーズで展開していく予定です。

 

現れては消える、そして、その時にしか見ることのできない現代の表現を、この機会に是非ご高覧ください。

 

YCC ヨコハマ創造都市センター

 

アクセス

Access

YCC ヨコハマ創造都市センター

 

YCC ヨコハマ創造都市センター

 

YCC ヨコハマ創造都市センター
YCC Yokohama Creativecity Center

 

〒231-8315 横浜市中区本町6-50-1
6-50-1 Honcho, Naka-ku, Yokohama, 231-8315, Japan
TEL : 045-307-5305
URL : http://yokohamacc.org 

 

アクセス
Access

■みなとみらい線 馬車道駅 1b出口(野毛・桜木町口・アイランドタワー連絡口直結)
Minato Mirai Line, Bashamichi Station, Exit 1b Connected directly to the Noge/Sakuragicho exit (Island Tower passage)
■JR・市営地下鉄線 桜木町駅 徒歩5分
Five minutes’ walk from JR and subway Sakuragicho Station
■JR・市営地下鉄線 関内駅 徒歩7分
Seven minutes’ walk from Kannai Station