終了しました
EVENT
2019年2月10日(日)20:00~、2月11日 (月)15:00~ ※各回30分前開場、上演時間40分
前売券・当日券 ¥2500
学生割引券 ¥2000
リピーター割引券 ¥2000※2018年のプログレス公演観覧者
限定
ペア割引き券(2枚) ¥4000
YCC ヨコハマ創造都市センター 3階イベントスペース
横浜市中区本町6-50-1MAPACCESS
お問合せ電話番号
お問合せメール contact@toposdance.info
  • TPAM2019フリンジ参加作品「Notes On Life」トポス|石井順也、パウ・アラン・ジメーノ、小暮香帆、尾角典子
  • TPAM2019フリンジ参加作品「Notes On Life」トポス|石井順也、パウ・アラン・ジメーノ、小暮香帆、尾角典子
  • TPAM2019フリンジ参加作品「Notes On Life」トポス|石井順也、パウ・アラン・ジメーノ、小暮香帆、尾角典子
  • TPAM2019フリンジ参加作品「Notes On Life」トポス|石井順也、パウ・アラン・ジメーノ、小暮香帆、尾角典子
  • TPAM2019フリンジ参加作品「Notes On Life」トポス|石井順也、パウ・アラン・ジメーノ、小暮香帆、尾角典子
.
日程・時間
2019年2月10日(日)20:00~、2月11日 (月)15:00~ ※各回30分前開場、上演時間40分
.
前売券・当日券 ¥2500
学生割引券 ¥2000
リピーター割引券 ¥2000※2018年のプログレス公演観覧者
限定
ペア割引き券(2枚) ¥4000
住所
YCC ヨコハマ創造都市センター 3階イベントスペース
横浜市中区本町6-50-1MAPACCESS
問合せ
トポス
お問合せ 電話番号
お問合せ FAX
お問合せ メール
contact@toposdance.info
ウェブサイト
ブログ
『TÓPOS Notes on life』は石井順也が企画し、振付のパウ・アラン・ジメーノら参加者で対話を重ねて創作。小暮香帆と石井が、時に繊細に時に激しく関わり、言葉を発し、唄い、心の機微や移ろいゆく時の流れを紡ぐ。美術(石井)やサウンド(尾角典子)はオーガニックにダンスと溶け合い情景を膨らませた。ー高橋 森彦(舞踊評論家)

---
TPAM2019フリンジ参加作品として、トポスによる「Notes On Life」を上演いたします。
TPAM(ティーパム、国際舞台芸術ミーティング in 横浜)は、同時代の舞台芸術に取り組む国内外のプロフェッショナルが、公演プログラムやミーティングを通じて交流し、舞台芸術の創造・普及・活性化のための情報・インスピレーション・ネットワークを得る場です。TPAMに関する詳細は、下部リンクよりご覧ください。

トポス 『Notes On Life』
東京、バルセロナ、ロンドン。それぞれが異なる都市を拠点としながら世界各地で活動を展開する三人のダンサーと一人の美術家による国際共同ダンスプロジェクト「トポス」。
加藤直輝監督作品『2045 Carnival Folklore』(シアトル国際映画祭出品作)に主演、その後文化庁新進芸術家海外研修員としてバルセロナに滞在し、社会の分断状況を見つめ、ダンスを通して内と外をつなぐ中間領域を探求する「トポス」をプロデュースする石井順也。ピナ・バウシュ・ヴッパータール舞踊団にて13年間活躍し、ヴィム・ヴェンダース監督『Pina /ピナ・バウシュ踊り続けるいのち』でもソロダンスを披露しているパウ・アラン・ジメーノ。ソロ作品を国内外で発表し、その特異な動きで現在の日本のコンテンポラリーダンス界で注目を集め、吉開菜央監督による短編映像作品『みずのきれいな湖に』においてもダンスを披露している小暮香帆。数多くの国際映画祭で上映されるアニメーション作品『The Interpreter』を制作したロンドン在住の美術家尾角典子によるサウンドデザインを新たに加えたバージョンの、トポスの新作『Notes on Life』を発表する。

孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の「間」にあるのである。三木清「人生論ノート」より
「葛藤」「喜怒哀楽」「迷い」 「心の傷」「水」「庭」などなど 自動筆記のように浮上した心のシーンを踊る女と男

『Notes on Life』は、哲学者三木清の「人生論ノート」の一章、「旅について」に書かれている漂泊の感情、そして人間の人間の間から立ち上がる言葉にならない感情をテーマにパウ・アラン・ジメーノの振付のもとダンサーの小暮香帆と石井順也が出演するタンツテアターである。振付を行うパウ・アラン・ジメーノはバルセロナにて、構成、美術を行う石井順也と交わした対話をノートに事細かに記録しており、それを元に東京滞在中、小暮香帆と石井順也に15個のキーワードをカードのように投げた。心、葛藤、喜怒哀楽、迷い、水、庭などなど。彼らは自動筆記のように浮上した女と男の心のシーン、別々の一本の線と一本の線が交差する風景と時間を描き、尾角典子の音を加えて、上演する。

<開催概要>
団体名:トポス|石井順也、パウ・アラン・ジメーノ、小暮香帆、尾角典子
作品名:Notes On Life
構成、美術、プロデュース:石井順也
振付:パウ・アラン・ジメーノ
出演:小暮香帆、石井順也
サウンドデザイン、映像:尾角典子
照明:渡辺敬之(仕立て屋のサーカス)
舞台監督:島直希
写真:喜多村みか、KENTARO TAKAHASHI (b/w)
宣伝映像:ハーバード・ハンガー
制作アシスタント:松本菫
Special Thanx: 田中麻美、マイク・クベック
Web デザイン:PLATAUX

日本・スペイン ダンスプロジェクト「トポス」
主催:TÓPOS Dance / PLATAUX
協力:公益財団法人セゾン文化財団、INCLINE LLP、COLECTIVO LA PERDICIÓN、カサ・アジア、SuperDeluxe
助成:平成30年度文化庁「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」平成29年度文化庁新進芸術家海外研修制度
後援:駐日スペイン大使館
EVENT・ANNOUNCEMENT
Facebookが表示されない場合、閲覧制限が設定されている可能性があります。表示するには、ブラウザからFacebookにログインしてください。Facebook
google+
YCC INFORMATION
YCC Temporary 髙橋匡太
2019年11月22日(金)~2020年1月12日(日) 11:00~18:00(金土祝19:30まで)※予定
YCCヨコハマ創造都市センターでは、アートプログラム・シリーズ「YCC Temporary」の第7弾として、アーティストの髙橋匡太による展覧会「YCC..
mt EX at YCC YOKOHAMA CREATIVECITY CENTER
2019年10月25日(金)~11月7日(木) 3F SHOP+展示10:00~19:00、1F展示11:00~20:00
mtは文具・雑貨向けの和紙マスキングテープのトップブランドです。 和紙の持つ素材感や透け感を生かした豊富な色・..
カフェ オムニバス
11:00~20:00 (ラストオーダー19:30)
歴史ある空間に広がる、楽しげなマルシェをイメージしたカフェ。天井が高く開放的な空間には、クリエイターがデザインしたユニークなフードカートを設置し、サン..
コワーキングスペース キャンバス
平日 9:00-22:00 土日・祝 10:00-2..
コワーキングスペース キャンバスは、YCC ヨコハマ創造都市センターの2階に位置する会員制のコワーキングスペース(シェアオフィス)です。クリエイターや..
ファブラボ・ベータ・馬車道
臨時休業中(2018年4月~オープンラボ日程は未定)
ファブラボ・ベータ・馬車道は、家庭用刺繍ミシン、昇華プリンター、3Dプリンターといったデジタルファブリーケーション機械を使い、あなたの「つくりたい!」..
レンタルスペース
YCC ヨコハマ創造都市センターは、1929年に建設された歴史的建造物「旧第一銀行横浜支店(一部復元)」を用いたクリエイティブ活動の拠点であり、横浜市が推進する「創造都市」政策の拠点施設でも..